北海道大学医理工学院 分子腫瘍学分野
准教授 東野 史裕

研究内容紹介

発がんメカニズムを分子レベルで正しく理解することは,日本人の死亡原因第一位であるがんを撲滅するために必須で,新たながんの診断・治療法の開発にも不可欠である。近年,ゲノムプロジェクトの成果をもとに,non-coding RNAなどのRNAの解析が網羅的に進み,発がんとRNAとの様々な関連が明らかになりつつある。本分野では,RNAやウイルスなどを対象にした分子生物学的解析法を基盤として,新たな発がん機構の解明を行い,その知見を応用した新たながんの診断・治療法の開発について基礎から応用までの体系的な教育・研究を行う。

研究内容紹介

教員紹介

分子腫瘍学分野准教授

医理工学院 分子医理工学コース分子腫瘍学分野 准教授

歯学研究院 口腔病態学講座 口腔病理病態学教室 准教授

1987年 北海道大学大学院環境科学研究科修了 学術修士

1993年 札幌医科大学大学院医学研究科修了 博士(医学)

  • 研究領域:分子腫瘍学、ウイルス学
  • 教育領域:分子腫瘍学、分子腫瘍治療学
  • 研究テーマ:RNAと発がん機構、腫瘍溶解ウイルス開発
  • リンク:研究者総覧 

Topics

【学会及び社会における活動等】文部科学「橋渡し研究加速ネットワークプログラム」、新規基盤技術に基づく腫瘍溶解ウイルスの開発
【論文】Kuroshima T., Aoyagi M., Yasuda M., Kitamura T., Jehung J.P., Ishikawa M., Kitagawa Y., Totsuka Y., Shindoh M. and Higashino F. Viral mediated stabilization of AU-rich element containing mRNA contributes to cell transformation. Oncogene, 30, 2912-2920 (2011).
【論文】Higashino F., Aoyagi M., Takahashi A., Ishino M., Taoka M., Isobe T., Kobayashi M., Totsuka Y., Kohgo T. and Shindoh M. Adenovirus E4orf6 targets pp32/LANP to control the fate of ARE-containing mRNAs by perturbing the CRM1-dependent mechanism. J. Cell Biol. 170, 15-20 (2005).
【論文】Higashino F., Pipas J.M. and Shenk T. Adenovirus E4orf6 oncoprotein modulates the function of the p53-related protein, p73. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 95, 15683-15687 (1998).
【論文】Higashino F., Yoshida K., Fujinaga Y., Kamio K. and Fujinaga K. Isolation of a cDNA encoding the adenovirus E1A enhancer binding protein : A new human member of the ets oncogene family. Nucl. Acids Res. 21, 547-553 (1993).

北海道大学医理工学院専任教官紹介ページ一覧