北海道大学医理工学院 放射線医学物理学分野
准教授 松浦 妙子 (まつうら たえこ)

研究内容紹介

本分野では、放射線物理学、量子ビーム応用工学、画像工学等の理工学技術を実際の医療に活用することを目指して、北大病院陽子線治療センターと連携し、副作用を最小化しつつ治療効果を向上させるための照射技術や装置開発、患者の動きや腫瘍の形状変化を詳細に取り入れた画像誘導技術開発、高精度治療実現のための線量計算・最適化手法開発、細胞レベルの反応まで考慮した治療効果の検証等の総合的な医理工連携教育・研究を行う。これを通じて医学物理分野の研究者および医療機器開発に携わる技術者を育成する。

教員紹介

放射線医学物理学分野准教授

医理工学院 放射線医学物理学分野 准教授

工学研究院 准教授

2006年 東京大学大学院理学系研究科卒業 博士(理学)

  • 資格:医学物理士(治療)
  • 研究領域:医学物理学
  • 教育領域:医学物理学
  • 研究テーマ:陽子線治療
  • リンク:研究者総覧 

Topics

【論文】T. Kanehira, T. Matsuura, S. Takao et al., “Impact of Real-Time Image Gating on Spot Scanning Proton Therapy for Lung Tumors: A Simulation Study,” International Journal of Radiation Oncology* Biology* Physics, 97(1), 173 (2017).
【論文】T. Yamada, N. Miyamoto, T. Matsuura, S. Takao et al., “Optimization and evaluation of multiple gating beam delivery in a synchrotron-based proton beam scanning system using a real-time imaging technique” Physica Medica, 32(7), 932 (2016).
【論文】T. Matsuura, Y. Fujii, S. Takao, T. Yamada et al., “Development and evaluation of a short-range applicator for treating superficial moving tumors with respiratory-gated spot-scanning proton therapy using real-time image guidance,” Physics in medicine and biology, 61(4), 1515 (2016).
【論文】M. Bazalova-Carter, M. Ahmad, T. Matsuura, S. Takao et al., “Proton-induced x-ray fluorescence CT imaging,” Medical physics, 42(2), 900 (2015).

北海道大学医理工学院専任教官紹介ページ一覧