北海道大学医理工学院 放射線治療医学分野
教授 清水 伸一 (しみず しんいち)

研究内容紹介

本分野では、動体追跡X線治療および実時間画像誘導陽子線治療装置等の最新鋭機器による低侵襲放射線治療技術の開発、実証、臨床応用を工学・理学、特に医学物理分野の研究者と医療者、さらに企業等と有機的に連携を持ちながら行っています。工学・理学の最先端技術を人体の構造や機能などの医学的,生理学的知見と繋げ実際的な視点から従来存在しなかった新たな医療技術、医療機器が実効性高く、かつ実用化を視野に入れ研究が行えることを目指しています。同時に、最先端医療機器を用いて特に放射線治療中の体内臓器の動きに対応する技術、粒子線治療を通してがんの疾病治癒率やQOL(Quality of Life)の向上を目指す研究を世界との関わりの中で行っています。

動体追跡X線治療および実時間画像誘導陽子線治療装置等

教員紹介

放射線治療医学分野教授

医理工学院放射線治療医学分野 教授

北海道大学病院陽子線治療センター 副センター長

1995年 北海道大学医学部医学科卒業 博士(医学)

  • 研究領域:放射線治療医学、粒子線治療
  • 教育領域:放射線治療医学
  • 研究テーマ:陽子線治療、動体追跡技術、実時間画像誘導技術
  • リンク:研究者総覧 

学術データ

  • 動体追跡放射線治療,実時間画像誘導陽子線治療
    (Real-time tumor tracking Radiotherapy (RTRT),
    Real-time-image Gated Particle beam Therapy (RGPT)
  • トラッキングデータ Tracking Data setes
  • 金マーカー (Fiducials)

※画像をクリックし、動画をダウンロードして下さい。

挿入手技動画

挿入手技動画
(Movie of insertion methods)

[肺:Lung]

[肝臓:Liver ]

[前立腺:Prostate]

Topics

【学会発表】Shimizu S, Katoh N, Takao S, Matsuura T, Miyamoto N, Hashimoto T, Nishioka K, Yoshimura T, Umegaki K, Shirato H: Treatment Time and Dose Rate Analysis for Respiratory Moving Liver Tumor Using Real-time-image Gated Spot Scanning Proton Beam Therapy System, ASTRO 2016 Annual Meeting, Boston, 2016.9.25-28.
【学会発表】Shimizu S, Katoh N, Kentaro N, Hashimoto T, Inoue T, Matsuura T, Takao S, Matsuzaki Y,Fujii Y, Tamura M, Onimaru R, Umegaki K, Shirato H: Initial clinical experience of spot-scanning proton beam therapy using real-time-image gated proton-beam therapy system. 4D Treatment Planning Workshop 2015, Dresden, Nov. 26-27, Germany, 2015
【学会発表】Shimizu S, Katoh N, Takao S, Matsuura T, Miyamoto N, Hashimoto T, Nishioka K, Yoshimura T, Matsuzaki Y, Kinoshita R, Nishikawa Y, Onimaru R, Umegaki K, Shirato H: Treatment of respiratory moving liver tumor using gated spot scanning proton beam therapy system with real-time tumor-tracking function. 57th Annual Meeting of American Society of Therapeutic Radiology and Oncology, San Antonio, Oct. 18-21,U.S.A., 2015
【論文】Shimizu S, Nishioka K, Suzuki R, Shinohara N, Maruyama S, Abe T, Kinoshita R, Katoh N, Onimaru R, Shirato H, Early Results of Urethral Dose Reduction and Small Safety Margin in Intensity-Modulated Radiation Therapy (IMRT) for Localized Prostate Cancer Using a Real-Time Tumor-Tracking Radiotherapy (RTRT) System. Radiat Oncol 9:118, 2014
【論文】Shimizu S, Matsuura T, Umezawa M, Hiramoto K, Miyamoto N, Umegaki K, Shirato H, Preliminary analysis for integration of spot-scanning proton beam therapy and real-time imaging and gating. Phys Med. 30(5) 555-558, doi: 10.1016/j.ejmp.2014.04.002., 2014
【論文】Shimizu S, Miyamoto N, Matsuura T, Fujii Y, Umezawa M, et al. A Proton Beam Therapy System Dedicated to Spot-Scanning Increases Accuracy with Moving Tumors by Real-Time Imaging and Gating and Reduces Equipment Size. PLoS ONE 9(4): e94971. doi: 10.1371/journal.pone.0094971, 2014

北海道大学医理工学院専任教官紹介ページ一覧