北海道大学医理工学院 生物指標画像科学分野
講師 Khin Khin Tha (タ キンキン)

研究内容紹介

近年、分子標的治療法や陽子線などに よるピンポイント照射を用いた個別化 医療技術が注目を浴びている。MRI やCTなどの非侵襲的画像法は,これ ら治療法の選択や治療計画、治療効果 予測・判定に幅広く応用されている。 本分野は、最新MRIやCT技術を 用いて、高い分解能と定量性を有する 高精度な画像診断法,従来は指摘困難 であった微細な病変や早期生体変化を 非侵襲的に検出可能な撮像法、形態情 報のみならず細胞・分子レベルでの生 体機能変化を反映できる非侵襲的な撮 像法、非侵襲的で患者負担の少ない高 精度で最先端の画像診断技術の開発、これら撮像法を用いた正常画像解剖に 関する教育・研究を行っている。

最新MRIやCT技術

教員紹介

生物指標画像科学分野講師

医理工学院 生物指標画像科学分野 講師
University of Medicine (2), Yangon, Myanmar 医科大学(医学士) 北海道大学(博士(医学))

  • 所属学会:北米放射線学会(RSNA)、国際磁気共鳴医学会(ISMRM)、ヨーロッパ放射線医学会(ECR)、北米神経放射線学会(ASNR)、日本放射線学会(JRS)、日本磁気共鳴医学会(JSMRM)、日本神経放射線学会(JSNR)
  • 研究領域:神経放射線医学
  • 教育領域:MRIやCTによる画像診断・画像解剖
  • 研究テーマ:非侵襲的画像診断技術の開発、非侵襲的生物指標検索
  • メッセージ:私の研究に興味のある方は是非気薬にお訪ね下さい。
  • リンク:研究者総覧 

Topics

【論文】Tha KK, Katscher U, Yamaguchi S, et al. Noninvasive electrical conductivity measurement by MRI: a test of its validity and the electrical conductivity characteristics of glioma. Eur Radiol 2017. doi:10.1007/s00330-017-4942-5
【論文】Cui Y, Tha KK, Terasaka S, et al. Prognostic Imaging Biomarkers in Glioblastoma: Development and Independent Validation on the Basis of Multiregion and Quantitative Analysis of MR Images. Radiology. 2016;278(2):546-553.
【論文】Kazumata K, Tha KK, Narita H, et al. Chronic ischemia alters brain microstructural integrity and cognitive performance in adult moyamoya disease. Stroke. 2015;46(2):354-360.
【受賞】Tha KK, Terae S, Hamaguchi H, et al. Laterality of the corticospinal tract and influence of handedness: a diffusion tensor imaging observation. 第40回日本磁気共鳴医学会大会長賞。
【論文】Tha KK, Terae S, Yabe I, Miyamoto T, et al. Microstructural white matter abnormalities of multiple system atrophy: in vivo topographic illustration by using diffusion-tensor MR imaging. Radiology. 2010;255(2):563-569.

北海道大学医理工学院専任教官紹介ページ一覧